【尼崎】雨漏りを自分で対処するには?雨漏り診断士について

  • HOME
  • 【尼崎】雨漏りを自分で対処するには?雨漏り診断士について
【尼崎】雨漏りを自分で応急処置?雨漏り診断士の資格とは?

雨漏りは、防水テープを使ってご自身で対処できないこともありません。ただし、応急処置に過ぎませんので、早めにプロの業者へ依頼するのがおすすめです。雨漏りの調査は、雨漏り診断士の資格を有する業者に相談しましょう。

ご自身での雨漏りへの対処法や雨漏り診断士の資格、信頼できる業者の選び方について、尼崎で防水工事を行う株式会社佑誠防水が詳しく解説いたします。

【尼崎】雨漏りは自分で対処できる?

不愉快な雨漏りを早く直したい、なるべく費用を抑えたいなどお考えの方も多いでしょう。こちらでは、防水テープを使った雨漏りの対処法についてご紹介いたします。一時的に雨漏りを対処できたら、なるべく早く専門の業者へ調査や修理を依頼することをおすすめします。

【尼崎】雨漏りの処置は自分でできるのか

雨漏りした屋根

不愉快な雨漏りは、防水テープを使ってご自身で一時的に対処することができます。

防水テープとは?

防水テープとは、文字通り防水加工が施されたテープのことをいいます。防水性はもちろん、気密性も高いことから「防水気密テープ」とも呼ばれます。ガムテープに似た見た目をしており、雨漏りの応急処置だけでなく、サッシ廻りの防水加工などにも使うことができます。

防水テープを使った応急処置の方法

1.雨漏りしている箇所を特定する

雨漏りというと、屋根からの雨漏りをイメージしがちです。確かに屋根からの雨漏りは多いですが、必ずしも屋根から雨漏りをしているとは限りません。適切に応急処置を行うために、雨漏りをしている箇所を特定する必要があります。

天井に黒ズミはないですか?壁がシミになっていたりカビが発生していたりすることもありますので、細かくチェックしましょう。換気扇やサッシ廻りも確認するようにしてください。

2.綺麗に拭き取って乾燥させる

雨漏りしている箇所に防水テープを貼ろうにも、濡れていたり汚れていたりすると防水テープが密着せず、簡単に剥がれてしまいます。

防水テープを貼る箇所は、しっかり水分や汚れを拭き取って綺麗にしましょう。防水テープを密着させるためにも、貼る箇所を拭き取ったらきちんと乾燥させることも重要です。

貼る箇所に油分があったり汚れが酷かったりする場合には、薄めた中性洗剤で洗って汚れを落とすようにしてください。

.防水テープを貼る

雨漏りがしている穴をコーキングで塞ぐ方もいらっしゃいますが、雨漏りの箇所が多いと屋根や壁がコーキングだらけになり、見た目が悪くなってしまいます。コーキングではなく、防水テープを貼るのがおすすめです。

実際に防水テープを貼る際は、シワになったり空気が入ったりしないよう細心の注意を払って貼るようにしてください。テープを押さえながら貼るのがコツです。防水テープを貼ったところを、さらにローラーで押さえるとしっかり密着できます。

防水テープをサッシ廻りに貼る際は、サッシの下側、両側、上側の順番で貼るようにしましょう。逆目にならず、防水テープ内部への雨水の侵入を防げます。

あくまで応急処置!専門の業者へ依頼を!

ご紹介した内容は、あくまで雨水を一時的に防ぐための応急処置に過ぎません。一時的に防いでいるだけなので、長期間放置すると雨漏り被害がさらに拡大する恐れもあります。

また、雨漏りの場所は特定できたかもしれませんが、見た目以上に進行している可能性もあります。一時的に雨漏りが止まっている間に、なるべく早くプロの専門業者へ雨漏り修理を依頼するようにしてください。

【尼崎】雨漏り診断士とは

聴診器をかけた作業服姿の人

雨漏り診断士とは、どのような資格なのでしょうか。

雨漏り診断士はどんな資格?

NPO法人雨漏り診断士協会から認められる資格が、「雨漏り診断士」です。雨漏り診断のために知識を有していることを示します。「試験を受ける当日に満20歳以上であること」が、雨漏り診断士の受験を受けるための唯一の条件となります。「建物の基礎知識」、「雨仕舞いと防水・塗装の基礎知識」、「雨漏り診断の実例・実務」の3つが試験内容となっています。

雨漏り診断士の資格が生まれた背景とは?

ひと昔前の建物と比べ、近年の建物は材料・デザイン・機能が多様化しており、雨漏りが起こる原因やメカニズムも複雑になっています。また、ゲリラ豪雨や台風の上陸など、以前に増して雨が降るようになり雨漏りのトラブルが絶えません。住む人にとって雨漏りは困りものですし、修理を行うにも費用を必要とします。

だからといって業者へ依頼すると、リフォーム詐欺に遭ってしまったり、雨漏りの知識のない未熟な技術者によるトラブルがあったりということも増えているといわれているのです。

このような背景から、「雨漏り診断士」という資格が誕生しました。公正な立場で適正に雨漏り診断をするという理念をもち雨漏りに悩む方々のために活動しています。

ただし、雨漏り診断士は民間資格であり、実務経験のない方も受験が可能です。実際に雨漏りの修理を業者へ依頼する際は、実務経験もありながら雨漏り診断士の資格を有しているほど優秀な業者であるといえます。雨漏り診断士の資格を有しているか、直接問い合わせる、ホームページを見るなどしてチェックしましょう。

【尼崎】雨漏り修理のプロの仕事と依頼先の選び方

雨漏り診断士は、具体的にどのように調査や診断を行うのでしょうか。また、雨漏り修理を依頼するなら、やはり信頼できる業者を選びたいものです。防水工事のプロである株式会社佑誠防水が、雨漏り診断士が行う調査や優良な業者の選び方について詳しく解説していきます。

【尼崎】雨漏り診断とは何をする?費用は?

人差し指とクエスチョンマーク

実際に業者へ依頼すると、まずは修理を行う前に雨漏り診断を行うことになります。具体的にどのように調査が行われるのでしょうか。

目視による診断

お客様からヒアリングをした情報をもとに、建物の状況を目視で確認していきます。屋根に登って天井を見る、壁の奥を覗く、雨水が侵入した形跡はないかなど、雨漏りする箇所やその原因を探っていきます。この目視による診断は、多くの業者が無料で行いますが、費用がかかることもありますので事前に確認しておきましょう。

散水して診断

雨漏りの原因であろう箇所に、実際に水をかけて診断を行うのが散水での診断です。雨漏りが起こるかどうかを、シャワーなどで水をかけて再現します。散水の診断は、無料で行うか、費用がかかるかは業者によって異なります。

また、診断自体は無料で行うものの、水道代のみはお客様負担というケースもあります。雨漏りの原因であろう箇所が屋根であれば、足場の設置による費用も必要です。事前に業者へ確認しておきましょう。

サーモグラフィ(赤外線)による診断

実際に雨漏りしている箇所は分かっても、どのような経路で侵入しているのか、雨漏りの範囲は広いのかなどは、目視や散水による診断で知るのは困難です。

そこで用いられるのがサーモグラフィ(赤外線)による診断です。建物内部の様子を調査でき、侵入経路や範囲を特定します。こちらの診断は、基本的に有料での調査となりますので、事前に料金や費用を確認しておきましょう。

【尼崎】雨漏り業者の失敗しない探し方

虫眼鏡の中にsearchの文字

雨漏り修理を依頼する業者は、どのように選べばよいのでしょうか。

おすすめの業者

・原因を特定できる

雨漏り修理を行う上で、ただ雨漏りしている箇所を塞ぐのではなく、原因を見つけられるかが重要です。雨漏りの原因によって修理の方法を決めることができます。しっかり原因を特定できる業者なら安心でしょう。

・早い日数で工事に着手できる

煩わしい雨漏りは、なるべく早く修理をしてほしいものです。柔軟に、迅速に対応できる業者を見極めましょう。最短でどれくらいの日数で着手できるのか確認してみるとよいでしょう。

・親切丁寧な対応

雨漏りに悩むお客様の立場に立ち、親切丁寧に対応できるかも業者を選ぶ上で大切です。些細な相談や質問にも耳を傾け、お客様にとって最善な提案やフィードバックを行う業者なら信頼できます。

・保証やアフターフォローがある

しっかり修理をしても、万が一に備えて保証やアフターフォローがあると安心です。保証やアフターフォローを設ける業者も多いですが、1年・3年・5年・10年など保証期間が異なりますので、確認しておきましょう。

避けたほうがよい業者

・情報がない

ネットが普及する現代において、ホームページのない業者は不安が大きいです。特に、代表者や職人の顔写真がない、住所や電話番号がないなどの業者は注意したほうがよいです。ただし、あくまでホームページの有無に関しては選ぶ基準の一つです。会社の規模によっては、ホームページを作るのに手が足りていないこともあります。

しかしながら、敢えて情報を隠すために作っていないこともありますので、注意するに越したことはないでしょう。

・絶対に雨漏りを直すと豪語する

どんな雨漏りの修理業者でも、一度の修理で雨漏りがなくなることは難しいといいます。やる気が感じられて心強いではありますが、きちんと再発のリスクがあることを正直に話す業者こそ信頼できます。

・対応が悪い

相談や質問に応じない、言葉を濁す、契約を急かすなど。やはり対応が悪い業者には気持ちよく依頼ができませんし、信頼もできないものです。一刻も早く直したい気持ちは分かりますが、焦って契約をしないようにしましょう。

尼崎で雨漏り修理なら株式会社佑誠防水へ!

雨漏りは、ご自身で応急処置はできるかもしれませんが、手間もかかりますし高所での作業でケガをするリスクもあります。雨漏り修理はプロの業者への依頼がおすすめです。

雨漏りに関して深い知識を持つ雨漏り診断士が細かく調査し、雨漏りの原因を突き止め修理を行います。業者へ依頼する際は、信頼できる業者をしっかり見極めることも大切です。

尼崎で雨漏り修理の依頼なら、株式会社佑誠防水へお任せください。現地調査からアフターフォローまでしっかりサポートいたします。親切丁寧にご相談を伺いますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

尼崎で雨漏り修理の依頼なら雨漏り診断士在籍の株式会社佑誠防水へ

会社名 株式会社佑誠防水
代表者名 山本健太
資本金 500万円
TEL/FAX 06-6430-9530
携帯番号 090-3269-1015
所在地 〒660-0822
兵庫県尼崎市杭瀬南新町1丁目15-3 3号
営業時間 9:00~18:00【受付時間 24時間】
サイトURL http://www.yu-seibousui.com/
業務内容 防水工事業
外壁工事業
対応エリア 関西一円