【兵庫】ベランダ工事での防水の必要性・業者へ依頼するタイミングは?

  • HOME
  • 【兵庫】ベランダ工事での防水の必要性・業者へ依頼するタイミングは?
【兵庫】ベランダ工事で防水は必要?業者への依頼のタイミングを見極めよう!

戸建てやマンションなどの建物全体の劣化を防ぐためにも、ベランダの防水工事は大変重要な役割を担っています。大きなひび割れや雨漏りなどは、防水層が影響を受けているサインです。また、アスファルト防水やFRP防水などの耐用年数が過ぎている場合も防水層が傷んでいる可能性が高いので、すぐに業者に施工や補修をご依頼ください。

兵庫でベランダ工事の依頼なら、株式会社佑誠防水にお任せください。ご相談や見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお尋ねください。

【兵庫】ベランダ工事が大事な理由

戸建てやマンションなどの防水機能は屋根や外壁だけでなく、ベランダにも備えられていることをご存じでしょうか。ベランダ工事における防水層は、大変重要な役割を果たしています。こちらで詳しくご紹介していきます。

兵庫でベランダの施工・補修の依頼なら、株式会社佑誠防水へぜひご相談ください。相談や見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

【兵庫】ベランダ工事で防水は必要なのか

3つのクエスチョンマーク

戸建てやマンションなどの屋根や外壁に防水機能が備えられているように、ベランダにも防水機能が備えられています。なぜベランダに防水が必要なのでしょうか。ベランダの防水の目的は、雨水の浸透を防ぐためにあります。

雨水がベランダの床材に浸透すると、床材そのものの劣化が早くなり、ひび割れや亀裂が生じやすくなってしまいます。そうなると、下の階への雨漏りにつながる可能性もあります。迷惑をかけることになりますし、大きなトラブルにもつながりかねません。

また、ベランダより浸透した雨水は、壁や柱などを伝い、あらゆる箇所に水が広がってしまいます。ベランダだけに留まらず、建物全体が影響を受けてしまうのです。

特にベランダは、外壁と同様に紫外線や雨風にさらされており劣化しやすいです。洗濯機やエアコンの室外機、観葉植物などをベランダにおいていると、なおさら乾燥しにくく劣化しやすいことも問題として挙げられます。

新築時に防水はされていても永久的に続くものではありません。定期的に防水工事を行う必要があるのです。

【兵庫】ベランダ工事における防水層の役割

ベランダの水たまり

戸建てやマンションなどの防水層は、ベランダだけでなく建物全体を守るために大きな役割を担っています。こちらでは、防水層とはそもそも何なのか、防水層が担う役割についてご紹介していきます。

そもそも防水層とは?

防水層とは、不透水の層を作り、屋上や外壁、ベランダからの雨水の侵入を防ぐものです。アスファルト防水層、シート防水層、FRP防水層、ウレタン防水層などの種類があります。木造のベランダであればFRP防水層やウレタン防水層、マンションやビルなど鉄骨や鉄筋コンクリートのベランダにはアスファルト防水層やシート防水層が施されます。

防水層が担う役割は?

前述のとおり、ベランダから浸透した雨水は建物全体に影響してしまい、大変困りものです。雨水は建物を劣化させてしまいます。

建物は様々な建築材料で構成されていますが、短期的に水にさらされることには強くても、長期的に水にさらされると劣化が進行します。例えば、木材が腐ったり鋼材や鉄筋が錆びてしまったりしてしまうでしょう。

こうした劣化が進行すると、本来建築材料が持つ強度や耐久性もどんどんと低下し、建物全体の構造が危機的状況になってしまいかねません。

建物の強度や耐久性を維持するために、防水の要である防水層がいかに大事な役割を担っているかが分かるのではないでしょうか。

【兵庫】ベランダ工事のタイミングと工法について

戸建てやマンションなどのベランダの防水工事を依頼したいが、どのタイミングで依頼すべきなのか悩む方も多いでしょう。見た目や耐用年数で判断しましょう。

また、ベランダの防水工事の工法にはいくつかの方法があります。兵庫で施工・補修を承る株式会社佑誠防水が詳しくご紹介いたしますので、どうぞ参考にしてください。相談や見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

【兵庫】ベランダ工事を検討するタイミング

ベランダの水漏れ

戸建てやマンションなどのベランダの防水工事を依頼するにも、今のタイミングでよいのか、もう少し様子を見たほうがよいのか、悩む方も多いでしょう。ベランダの防水工事を依頼するタイミングは、見た目や耐用年数で判断しましょう。

見た目で見極める

・コケの発生や排水溝のつまり

これらの症状であれば、ご自身で掃除をして様子を見ていただければよいです。ただし、掃除をしている間にヒビや傷などが見つかる、掃除をしても異常が解消されないなどあれば、業者へ相談していただくことをおすすめします。

・色褪せ・ごく小さなヒビや割れ

これらの症状であれば、まだ防水層への影響はないでしょう。防水層への劣化が進んでしまう前に、トップコートの塗り直しを行ってください。

・雨漏り、大きなひび割れや塗膜の剥がれ

このような症状が見られる場合は、防水層まで影響が及んでいる可能性が高いです。被害が広がって大規模な修理や多額の費用が必要となってしまう前に、早めに防水工事を行う業者へご相談ください。雑草が生えていたり、防水シートの浮きや破れが見られたりする場合も同様です。

耐用年数で判断する

ベランダの防水工事は、定期的に行う必要があります。以下の特徴や耐用年数を参考に、防水工事のタイミングをご判断ください。

  • アスファルト防水(約12~20年)
  • 塩ビシート防水(約12~15年)
  • FRP防水(約10~15年)
  • ウレタン防水(約10~13年)

※上記の耐用年数はあくまで目安となります。

【兵庫】ベランダ工事は自宅に合った防水を

ベランダ工事

戸建てやマンションなどのベランダの防水工事には、塩ビシート防水、FRP防水、ウレタン防水の3つの工法があります。(アスファルト防水は、工事中に臭いや煙が発生するためリフォーム時にはあまり選ばれません。)どんなベランダに向いているのか詳しくご紹介しますので、自宅に合う防水工法を選ぶためにぜひ参考にしてください。

最もおすすめはFRP防水!

主にベランダの防水工事に用いられるのが、FRP防水です。FRPは「Fiber Reinforced Plastics」の略称で繊維強化プラスチックを指します。定期的なメンテナンスが必要であったり費用がかかったりしますが、軽量で耐久性に優れておりベランダの使い勝手が大変よいです。

軽量であるぶん建物への負担が少ないですし、重いものを置いても耐えることができ、洗濯機や室外機なども安心して置けます。乾きも早いので工期が短くて済むのも魅力です。

床面積が広いベランダにはシート防水を!

FRP防水に続いておすすめしたいのが、シート防水です。次にご紹介するウレタン防水も床面積が広い場合に対応可能ですが、維持費用やベランダの使い勝手の視点から考慮するとシート防水のほうが有効です。ウレタン防水と比べると長持ちしやすく、維持費用を抑えることができるのです。

また、剝がれにくく歩行に耐えられることも含め、ベランダの防水工事にはウレタン防水よりもシート防水のほうがおすすめです。

FRP防水やシート防水が難しい場合はウレタン防水!

例えば、床面が凸凹であったり狭い箇所があったりなど、ウレタン防水ならこのような形状が複雑なベランダにも対応可能です。

また、比較的費用が安価で短期間の工期で済むこともメリットとして挙げられます。ただし、選ぶ業者や職人によって仕上がりに差がでますので、腕のある業者や職人を見極める必要があります。また、長年の劣化により亀裂が生じることがありますので、定期的にメンテナンスを行うことも必要です。

兵庫でベランダ工事なら株式会社佑誠防水!施工補修のご相談・見積り無料!

戸建てやマンションなどのベランダの防水機能は、床材への雨水の浸透を防ぐために必要です。雨水の被害は、ベランダに留まらず建物全体に影響を及ぼす恐れがあるためです。いくつも塗り重ねられて形成される防水層は、建物を守るために大変重要な役割を果たしています。

防水層に影響が及ぶようであれば、専門の業者へベランダの防水工事を依頼しましょう。大きなひび割れや雨漏りなどの症状が見られるようであれば、すぐに業者へ依頼するようにしてください。また、アスファルト防水やFRP防水などの耐用年数が過ぎている場合も、すぐに業者へ依頼するようにしましょう。

それぞれの工法の特徴やメリットを理解して、ご自宅のベランダに合う工法をお選びください。

兵庫でベランダ工事の依頼なら、株式会社佑誠防水にお任せください。施工や補修のご相談・見積りなどの費用は無料です。お気軽にお問い合わせください。

兵庫でベランダ工事の依頼なら見積り無料の株式会社佑誠防水へ

会社名 株式会社佑誠防水
代表者名 山本健太
資本金 500万円
TEL/FAX 06-6430-9530
携帯番号 090-3269-1015
所在地 〒660-0822
兵庫県尼崎市杭瀬南新町1丁目15-3 3号
営業時間 9:00~18:00【受付時間 24時間】
サイトURL http://www.yu-seibousui.com/
業務内容 防水工事業
外壁工事業
対応エリア 関西一円