雨漏りを放置するリスク!深刻な建物へのダメージ

雨漏り被害は建物に関するトラブルで多い悩みですが、この程度ならたいしたことはないと、そのまま放置しておくと後に大きなトラブルに繋がります。雨漏りを放置するリスクや建物への被害をみてみましょう。

雨漏りを放置するとどうなる?


雨漏りを放置するとどうなる?

雨漏りを放置は、床が濡れるというだけでなく、人体や建物に様々な被害を与えているということをご存知でしょうか?

例えば、天井にシミを見つけた場合、屋根や建物内部が破損・劣化により、どこかから水が漏れているという可能性が高いです。また、雨漏りは天井からだけでなく、壁や窓枠などからも発生します。

このような場合、建物内部から被害が起こっていることが予想されますので、さらに被害が大きくなっている可能性があります。その他、室内でカビが発生することによって、人体に健康被害が発生する可能性もあります。

咳や頭痛などの症状が慢性的に続く場合は、一度建物の雨漏り被害を疑いましょう。

建物への深刻な被害


建物への深刻な被害

雨漏りを放置すると、シミ・カビ・塗装膜の剥がれなどが発生します。しかし、それを改善せず放置することで、柱や梁が腐食したり、歪みがでたり、建物自体の構造にも悪影響がでてしまうのです。

また、雨水の侵入によって建物が湿気を帯びると、シロアリにとっては最適な環境になります。シロアリは一度住み着くと、その後爆発的に数を増やしていき、あっという間に建物を丸ごと食い尽くしてしまいます。

その他、雨漏り被害で怖いのが、塵やほこりに火が燃え移って漏電が起こり、火災を発生してしまうことです。火災にまでは至らなくても、家電製品が次々に故障し、住人が感電するケースもあります。被害を拡大させないためにも、異常に気づいたら専門の業者に頼み早急に対処することが重要です。

雨漏り被害は1次、2次と時間を追うごとに進んでいきます。建物の異常に早く気づき、修理をすれば被害を最小限に抑えることができます。

兵庫で雨漏りにお悩みの方は、ぜひ佑誠防水にご相談ください。尼崎市を中心に兵庫の防水工事・改修工事のご相談を承っております。防水工事を行うことは、建物の安全性を高めることに繋がります。兵庫で防水工事をお考えの際は、ぜひ佑誠防水にお問い合わせください。

兵庫で防水に関するご相談なら佑誠防水へ











会社名

佑誠防水

代表者名

山本健太

電話番号

06-6430-9530

携帯番号

090-3269-1015

FAX番号

06-6430-9530

住所

〒660-0892 兵庫県尼崎市東難波町4丁目21−35−116

メールアドレス

yuuseibousui@outlook.jp

サイトURL

http://www.yu-seibousui.com/

業務内容

防水工事業


▲TOPへ