最も耐用年数が長いのはどれ?防水工事の耐用年数を紹介

防水工事を依頼する際、メンテナンスの頻度を考え、工法別の耐用年数が気になるという方もいらっしゃるでしょう。建物の外観・機能性の維持において、耐用年数は重要なポイントです。工法別にみる一般的な耐用年数について、尼崎の防水工事業者である佑誠防水がご紹介いたします。

工法別にみた耐用年数の目安


工法別にみた耐用年数の目安

ウレタン防水


改修工事が簡単で廃材もでないため、比較的短い期間での施工が可能です。耐用年数は約10~12年を目安に考え、定期的にメンテナンスを行うことをおすすめいたします。

FRP防水


軽量で強靭・耐久性・耐候性・耐磨耗性に優れているFRP防水は、プラスチック素材を使用する施工であり、耐用年数は約8~10年が一般的です。

アスファルト防水


厚みのあるアスファルト防水は耐用年数が長く、約15~20年を目安にメンテナンスを行います。

シート防水


様々な箇所に施工が可能なシート防水の耐用年数は、約10~12年が一般的です。定期的にメンテナンスを行うことで、より防水性を高めることができます。

防水工事を依頼する上で重要になること


防水工事を依頼する上で重要になること

防水工事を依頼する場合、その後のメンテナンスが必要になることも忘れてはいけません。

トップコートの剥がれは約5年~10年で発生し、塗り替えが必要になります。放っておくと、ひび割れ・汚れ・カビなどが発生し、劣化を早めることに繋がります。そのため、施工を依頼する業者との付き合いは非常に大切です。

10年、20年と長い付き合いをしていくことを考え、防水工事保証が付いていることやアフターフォローがあること、急なトラブルにも迅速に対応してくれる信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

屋根や屋上の工事なら兵庫の防水工事業者 佑誠防水へ

兵庫の防水工事業者・佑誠防水は、兵庫県尼崎市を中心に、関西一円を幅広く手がけております。お客様の声にしっかりと耳を傾け、屋根や外壁など、的確な診断で最善の施工方法をご提案いたします。兵庫で防水工事業者をお探しの方、価格についてのご質問、耐用年数についてのご相談など、屋根・屋上工事、防水工事に関することはお気軽に佑誠防水までお問い合わせください。アフターフォローにも対応し、丁寧な施工で高品質な防水工事をご提供いたします。お問い合わせはお電話、またはお問い合わせフォームにて受け付けております。こちらの『お問い合わせフォーム』からお気軽にご連絡ください。

屋根や屋上の防水工事を依頼するなら兵庫の佑誠防水へ

会社名

佑誠防水

代表者名

山本健太

電話番号

06-6430-9530

携帯番号

090-3269-1015

FAX番号

06-6430-9530

住所

〒660-0892 兵庫県尼崎市東難波町4丁目21−35−116

メールアドレス

yuuseibousui@outlook.jp

サイトURL

http://www.yu-seibousui.com/

業務内容

防水工事業



▲TOPへ