適切な工事で防水対策を!防水工事の種類とそれぞれの特徴

防水工事には、様々な施工方法があります。使う素材・施工方法によって特徴が異なるため、それぞれの特徴について知り、建物に合った施工を選ぶことが大切です。防水工事の種類と特徴についてご紹介いたします。

防水工事の種類と特徴


防水工事の種類と特徴

ウレタン防水工事


ポリイソシアネートの主剤とポリオールの硬化剤の2種類があり、それぞれを混ぜて塗膜する工法です。水密性の高い皮膜を塗布するのが特徴で、下地の形状に馴染みやすく、施工場所を選ばずに簡単に塗布できるという特徴もあります。

FRP防水工事


FRPとは繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)の略で、強度が強く、耐久性・耐候性・耐食性に優れているという特徴があります。また、硬化が速いため乾燥時間が必要なく、1~2日程度で施工が完了するのも特徴です。屋上やベランダなどの施工に適しています。

アスファルト防水工事


アスファルトを染み込ませるため、防水性・信頼性が高いのが特徴です。また防水層が厚く、水密性が高まるのも特徴です。他の工法よりも耐用年数が高く、メンテナンスの回数が減らせるメリットもあります。ビルやマンションの屋上など広い箇所の施工におすすめです。

ゴムシート防水


ゴムシートを重ね合わせてつなぐ防水工法です。伸縮性のあるシートを使うため、建物の構造を選ばずに施工できます。また、軽量なためコストも安いという特徴があります。ソーラーパネルや屋上などの施工に適しています。

塩ビシート防水


塩化ビニールシートで作られた防水シートで、紫外線・オゾン・熱に強い性質を持っています。柔らかく施工がしやすいため、改修工事などによく使用されます。こちらも屋上の施工におすすめです。

これ以外にも依頼する業者、工事現場の状況、塗装する場所の広さや状況、天候などによっても費用は変わります。見積もりを作成してもらった際には、明細をしっかりと確認し、どこの塗装にどのような費用が含まれているのかを確認することも重要です。疑問に思った点は早目に業者に問い合わせ、疑問点を明確にしておきましょう。

防水工事にはこのようにいくつかの工法がありますが、劣化状況、既存の防水層の状態、要望などに合わせて適切な工法を専門業者と相談して決めることが大切です。

兵庫で防水工事の依頼を承っている佑誠防水では、塩ビシート防水をメインに、見積もりから施工まで一貫して対応しております。お客様から「仕事を任せてよかった」と思っていただけるよう丁寧に施工し、アフターフォローにも対応いたします。

兵庫で防水工事をご希望の方、兵庫県周辺で防水工事に対応した業者をお探しの方は、ぜひ佑誠防水までお問い合わせください。

防水工事をするなら兵庫の佑誠防水へ











会社名

佑誠防水

代表者名

山本健太

電話番号

06-6430-9530

携帯番号

090-3269-1015

FAX番号

06-6430-9530

住所

〒660-0892 兵庫県尼崎市東難波町4丁目21−35−116

メールアドレス

yuuseibousui@outlook.jp

サイトURL

http://www.yu-seibousui.com/

業務内容

防水工事業


▲TOPへ