【尼崎】雨漏りの修理を業者に依頼した場合の費用は保険適用される?

突然の雨漏りでお困りの方はいらっしゃいませんか?大雨や台風などが原因となり、雨漏りしてしまうことはよくあります。そんな時に頼りになる建物の保険といえば火災保険ですが、雨漏りにも保険が適用されるのか気になっている方もいらっしゃるでしょう。

こちらでは、火災保険への加入の必要性と、雨漏りでも火災保険が適用されるかどうかについてご紹介いたします。尼崎で雨漏り修理の業者をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

火災保険には入っておいた方が良い?

保険について悩む人形

住宅の購入時に業者にすすめられ、何となく火災保険に入っているという方も多いでしょう。火災保険はその名の通り、火災による被害を補償するものですが、実は火災以外にも自然災害など様々なトラブルを補償してくれるのです。

火災以外では、水災・風災・雹災・雪災・落雷などの自然災害の他、破裂・爆発・盗難・水濡れなどの損害も補償してくれます。

火災保険の保険金支払額も、損害保険料率算出機構が発表した2017年度火災保険・地震保険の概況を見てみると、火災が原因のものが6,978件に対して、自然災害が原因のものは183,083件となっています。

これらの状況を踏まえて、火災保険が必要であることは一目瞭然です。万が一、火災保険に未加入の場合に火災で全焼してしまうと、住宅の再建費用だけではなく、家具や家電などの家財購入費用もすべて自己負担しなければなりません。

火災保険は建物のみを対象にしたもの以外にも、家財のみを対象にしたものや、建物と家財を対象にしたものがあります。また、保険会社や保険商品によっても補償範囲が異なりますので、ご自身のライフスタイルに合わせて選びましょう。様々なリスクから大切な財産を守るためにも、火災保険に入っておくことをおすすめします。

雨漏りに保険は適用される?~雨漏りの修理費用に対する補償~

家の模型の下に置かれたお金

火災保険に入っている場合、気になるのが雨漏りの修理でかかった工事費用に保険が適用できるのかどうかです。結果からいえば、雨漏りも原因や条件によっては、火災保険が適用されることがあります。

まず、雨漏りの原因が経年劣化や人的被害ではなく、自然災害であることが挙げられます。この自然災害には、台風や竜巻などの風災による瓦のズレや屋根の破損・変形、雹災・雪災による屋根の破損などが含まれています。

次に、火災保険に加入後の雨漏りであることや、被害が発生してから3年以内に申請していることが条件となっています。雨漏りが起きてから慌てて火災保険に入っても適用されません。また、保険の申請をうっかり忘れて3年が過ぎてしまうと時効となるので注意が必要です。

尼崎で雨漏りが起こる原因としては、自然災害以外にも経年劣化などがあります。台風などの自然災害は予想できるものではありませんが、老朽化などは見た目や状況によって劣化具合が確認できるため、尼崎の株式会社佑誠防水では万が一に備えて、事前に対策を行うことをおすすめしています。

屋根や屋上の劣化が気になる場合は、お早めに尼崎市の株式会社佑誠防水へぜひご相談ください。

尼崎で雨漏り修理の業者をお探しなら株式会社佑誠防水へ

突然の雨漏りで困らないように、経年劣化した屋根や屋上は事前に修理しておきましょう。兵庫県尼崎市にある株式会社佑誠防水では、新築物件の防水工事・塩ビ防水施工や、ビルの屋上やマンションのベランダなどの防水層改修工事を行っております。

丁寧な作業で仕上げる技術力、的確な診断で最善の施工方法を提案する提案力が自慢です。尼崎市を中心に関西一円で幅広く施工を手掛けていますので、防水工事・防水層改修業者をお探しの際は株式会社佑誠防水へお任せください。

尼崎で雨漏りの修理を業者に依頼するなら株式会社佑誠防水へ

会社名 株式会社佑誠防水
代表者取締役 山本健太
電話番号 06-6430-9530
携帯番号 090-3269-1015
FAX番号 06-6430-9530
住所 〒660-0892 兵庫県尼崎市東難波町4丁目21−35−116
メールアドレス yuuseibousui@outlook.jp
サイトURL http://www.yu-seibousui.com/
業務内容 防水工事業

▲TOPへ