【尼崎】雨漏り修理前に要チェック!雨漏りの原因と屋根の防水の応急処置

雨漏りや屋根の修理、防水工事などをご希望の方は、ぜひ尼崎市にある株式会社佑誠防水へお任せください。

梅雨や秋の長雨、台風の季節に多いトラブルが雨漏りです。雨漏りには原因があり、原因によって応急処置の方法が変わってきます。こちらでは、尼崎で雨漏りの修理を依頼する前にチェックしておきたい、雨漏りの原因と応急処置の方法について詳しくご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

雨漏りの原因とは?

降り注ぐ雨

雨漏りは屋根から侵入した雨水が天井から滴り落ちてくるイメージがありますが、屋根以外にも様々な原因があります。主な原因は以下の通りです。

屋根瓦のズレやヒビ割れ

雨漏りの原因として多いのが、屋根材の経年劣化、台風や地震などによる屋根瓦のズレ・ヒビ割れなどです。

外壁のヒビ割れ

経年劣化や台風・地震などで外壁がヒビ割れ、隙間から雨水が侵入して雨漏りが発生します。

ベランダの塗装の剥がれ

人の出入りが多いベランダは、床の防水塗膜や防水シートが傷みやすく、屋根や外壁に比べて速く劣化します。また、排水溝の詰まりや劣化が原因で雨水が流れず、小さなヒビ割れなどの隙間から雨水が建物内に侵入する場合もあります。

サッシの隙間

窓枠と窓が合っていない場合や、経年劣化などが原因でサッシ枠と防水シートの間に隙間ができてしまっている場合は、その隙間から雨水が侵入することがあります。

天窓周辺の防水パッキンやコーキングの劣化

明かり取りとして設置する天窓は、天窓周辺の防水パッキンやコーキングが経年劣化することで雨水が侵入してしまいます。劣化の目安は10年ほどなので、雨漏りが発生する前に防水パッキンの交換やコーキングの塗り替えを行いましょう。

屋上の塗装の剥がれ

マンションやビルなどの屋上では、屋上の防水塗装が剥がれることが原因で雨水が侵入し、雨漏りが発生します。また、排水溝の詰まりなども雨漏りの原因となりますので、定期的なメンテナンスを行うことが大切です。


屋根の雨漏りを修理しないとどうなる?

たとえ小さな雨漏りであっても、放置すると思わぬ被害をもたらします。雨漏りによる被害としてまず挙げられるのが建物の劣化です。屋根から侵入した雨水で建築材が傷み、建物の機能性が低下してしまいます。また、湿気を含んだ木材を餌にするシロアリ、カビの発生にもつながります。また、漏電や家具・家電への被害も懸念されます。さらに、雨漏りは健康被害を招くおそれがあります。発生したカビが人体に悪影響を及ぼし、アレルギー性鼻炎や喘息などの症状を引き起こしてしまうのです。このように、雨漏りを放置することは様々なリスクがあります。

尼崎で屋根からの雨漏りに気づいたときは、早めの修理をご検討ください。株式会社佑誠防水は尼崎を拠点に、関西一円での防水工事・防水層改修工事に対応いたします。


屋根や外壁からの雨漏りを最小限に!修理依頼の前にできる応急処置方法

修理中の外壁

突然雨漏りが発覚した場合、まず修理業者へ連絡するという方が多いでしょう。しかし、修理業者の到着を待つ間にも徐々に雨漏りが広がり、構造体にダメージを与えてしまうおそれもあります。

修理業者へ依頼する前に、被害の拡大を防ぐ応急処置が必要です。また、応急処置はできる範囲で行い、高所での作業は2人以上で行いましょう。

バケツを置く

天井から雨水が滴り落ちてきた場合には、室内が濡れるのを防ぐためにバケツで雨水を受け止めます。

バケツで雨水を受けるだけでも十分ですが、雨水が溜まってくると水しぶきが跳ねて周囲に飛び散ることもあるので、バケツの周りに新聞紙や雑巾、レジャーシートなどを敷いておきましょう。

ブルーシートで覆う

屋根の応急処置に欠かせないのが、ブルーシートです。屋根やベランダで雨水が侵入する箇所を見つけるのはプロでもなかなか難しいので、ブルーシートで広範囲を覆っておきましょう。

また、ブルーシートが飛ばないようにするには、砂利を詰めた土嚢袋を重りにしたり、テープで押さえたりする方法がおすすめです。ロープで固定すると、ロープが家を傷つけることもあるので注意してください。

コーキング材を使う

雨漏りしている箇所が特定できている場合には、コーキング材を使って応急処置を行うことができます。ただし、コーキング材を使う際は、コーキングガンや養生テープ、プライマーやカッターなどの道具が必要です。

また、コーキング材には様々な種類があるので、修理する箇所にあったものを選ぶようにしましょう。

雨漏りでお悩みなら尼崎の株式会社佑誠防水に防水工事をご依頼ください!

尼崎周辺で雨漏りに関するトラブルでお困りの方は、尼崎を中心に関西一円で防水工事・塩ビ防水の施工を行う株式会社佑誠防水にご相談ください。兵庫県尼崎市にある株式会社佑誠防水は、抜群の気密性と高い耐久性を誇る塩ビシート防水をメインに、防水層改修のご提案をしております。

ビルやマンションの屋上以外にも、ベランダやルーフバルコニーなどにも防水改修を行っておりますので、個人様も企業様もぜひお気軽にご相談ください。お問い合わせはお電話、または『お問い合わせフォーム』から受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

尼崎で雨漏り修理・屋根修理に関するご相談は株式会社佑誠防水へ

会社名 株式会社佑誠防水
代表者取締役 山本健太
電話番号 06-6430-9530
携帯番号 090-3269-1015
FAX番号 06-6430-9530
住所 〒660-0892 兵庫県尼崎市東難波町4丁目21−35−116
メールアドレス yuuseibousui@outlook.jp
サイトURL http://www.yu-seibousui.com/
業務内容 防水工事業

▲TOPへ